妊娠中のお母さんへ


赤ちゃんのためにも、お口の健康に注意!

妊婦さんの歯科治療について

妊娠してつわりがはじまると、時間を決めて食事をすることが難しくなりますよね。お口をすっきりさせるために、ちょこちょこと何か口にしている……という方も少なくありません。またホルモンバランスが変わることも影響して、むし歯や歯周病になりやすい傾向にあるんです。

最近では歯周病が、お腹のなかの赤ちゃんにまで影響してしまうことがわかっています。妊娠したら今まで以上にお口のケアに注意し、歯科検診を受けるようにしましょう。

歯周病の影響とは

妊婦さんが歯周病にかかると、早産や低体重児出産をまねく確率が高まるということがわかってきました。なんと、その確率は健康な妊婦さんの約7倍! 妊婦さんの歯周病は、お母さん自身の問題だけではありません。大切な赤ちゃんのためにも、できるだけお口のなかを清潔に保ち、安定期に入ったら一度検診を受けましょう。

妊婦さんが気をつけたいこと

妊娠中には次のことを心がけ、お口のなかを清潔に保ちましょう。むし歯菌の主な感染ルートは、親から子。お子さんのお口の健康を守るためにも、妊婦さんのお口のケアはとても大切なんです。

キシリトール入りのガムを取り入れましょう
むし歯対策にぜひ取り入れていただきたいのが、キシリトール入りのガムです。キシリトールは酸をつくらず、むし歯のエネルギーを無駄遣いさせ活動を弱め、歯を強くしてくれる働きがあります。手軽にできるむし歯対策ですので、ぜひ取り入れてくださいね。
歯みがきの方法を工夫しましょう!
大人用の歯ブラシで気分が悪くなるようであれば、子ども用の小さな歯ブラシを使うのもいいでしょう。また、無理に歯みがき粉を使わなくても大丈夫です。やりやすい方法でかまわないので、できるときに歯みがきをするようにしましょう。
フッ素やキシリトールを効果的に使おう!
歯を強くする効果があるフッ素や、フッ素の働きを助けるキシリトールは、お口の環境が乱れやすい妊婦さんの味方。フッ素入りの歯みがき粉やキシリトール入りのガムなどをケアに積極的に取り入れるといいでしょう。
妊娠生活を楽しみましょう!
妊婦さんに大切なのは、何よりもリラックス。免疫力も落ちがちなため、日光浴や適度な運動などもおすすめです。なかでも太陽の光はビタミンDをつくり、またカルシウムの吸収を高めるため、歯にもいい影響を与えます。妊婦生活を楽しみながら、リラックスしてお口のケアをしてくださいね!

歯科治療は、妊娠初期と後期にはおすすめできません。

また、赤ちゃんが生まれると妊娠中以上に治療が受けにくくなります。安定期に入ったら一度検診を受け、必要な治療を早々に済ませてしまうことをおすすめします。気になること、不安なことなどは、なんでもお気軽にご相談ください。


青木歯科で一緒に働きませんか?

栃木県宇都宮市|診療予約|青木歯科

あなたのお悩みは?
歯が痛い・しみる「むし歯治療」
子供のむし歯を予防したい「小児歯科」
むし歯・歯周病になりたくない「予防処置」
歯ぐきから血が出る「歯周病治療」
失った歯を補いたい「インプラント」
入れ歯が合わない「入れ歯」
歯を綺麗にしたい「審美治療・ホワイトニング」
歯並びが気になる「矯正歯科」
肩こり・首こり・頭痛がある「顎関節症」
医院から患者様へ
妊婦さんこそ、歯科検診を!
むし歯にならない生活習慣とは?

栃木県宇都宮市|青木歯科

24時間 受付中 ネット予約はこちら