小児歯科が大切な理由Child

小児歯科が大切な理由

乳歯は永久歯よりやわらかく、むし歯になりやすいことをご存じですか?乳歯は生え変わるから、むし歯になっても問題ないと思ってはいませんか?
実はお子さんの大切な乳歯については、よく知られていないことも少なくありません。
たしかに乳歯は生え替わりますが、そもそもむし歯ができてしまうこと自体が問題で、その原因を根本から解決しないと、今度は生え替わった永久歯がむし歯になってしまうでしょう。

永久歯の健康を守るためにも、まずは乳歯がむし歯にならないように守ってあげることが大切です。
小児歯科では乳歯の生えはじめから、永久歯に生え変わる頃までのお子さんのお口のなかを診察します。お子さんの健やかな成長を助けてあげられるのは親御さんだけ。小さな頃から、小児歯科に通う習慣をつけてあげましょう。

母子感染

母子感染

実は、むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには存在していません。むし歯菌の多くは、ご両親から赤ちゃんへと感染しているのです。むし歯菌は歯に定着するため、乳歯が生えそろう2歳くらいまでに感染していない場合、永久歯がむし歯になる確率は10分の1にまで減ります。
そのため、口移しや同じスプーンを使うなど唾液が赤ちゃんにふれるような行為はできるだけやめましょう。また、赤ちゃんが生まれる前にご家族の方が治療を受け、お口のなかの菌を減らすことも有効な対策です。

歯医者さんにはいつ行けばいい?

お子さんの歯の健康を守るためには、むし歯になる前から歯科医院で定期検診を受け、適切な予防処置などを受けることが大切です。次のタイミングを目安として、ご来院ください。

1.乳歯が生えはじめたら

やわらかい乳歯はむし歯になりやすいため、生えはじめた頃から守ってあげることが大切です。

2.固形物を食べはじめたら

離乳食が進んで固形物を食べはじめると、歯に食べカスが詰まりやすくなります。

3.永久歯が生えてきたら

生え替わったばかりの永久歯の奥歯は、溝が深いためむし歯になりやすくなっています。

むし歯になりやすい乳歯を守るためには、早めの対処が大切です。これからのケアを考えるためにも、一度ご来院ください。当院のスタッフはお子さんの扱いに慣れており、保護者様が付き添われる必要はありません。どうぞご安心ください。

青木歯科の小児歯科診療

歯みがき指導

歯みがき指導

毎日の歯みがきも、誰もが同じでいいのではありません。ご持参いただいたご自分の歯ブラシをつかって、一人ひとりのお口に適した歯みがきを指導します。正しい歯みがきを身につけ、日々のケアに活かしましょう。親御さんには仕上げみがきのポイントをお教えします。

シーラント

シーラント

複雑な溝を持つため、食べカスがたまりやすく歯みがきがしにくい奥歯は、むし歯になりやすい歯。シーラントは、その溝をあらかじめ歯科用樹脂で埋めてしまい、むし歯を予防する処置です。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くし、むし歯になりにくくする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布し、むし歯を予防する処置。ごく初期のむし歯であれば、これによって再石灰化が促され、治癒が見込めることもあります。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

時々、「過剰歯」という余分な歯が生えてくることがあります。過剰歯は歯並びを乱すなどの悪影響を生むことがあるため、多くの場合抜歯が必要になります。
当院では過剰歯の抜歯に対応しておりますので、気になる歯がある場合には、一度ご相談ください。

乳歯をむし歯から守りましょう

乳歯をむし歯から守りましょう

お子さんはまだ自分でお口のなかを管理するのは難しいもの。乳歯をむし歯から守ってあげるのは、親御さんの役目です。では、何に気をつけたらいいでしょうか?
それはまず、おやつの時間。だらだら食べはむし歯になりやすい環境づくりを助けることになります。おやつは、決して悪いものではありません。時間を決め、与えるものに少し気を配ってあげるなどして、楽しい時間にしてあげましょう。
また、眠っている間はだ液の分泌が減るため、むし歯になりやすい時間。寝る前には食べたり飲んだりしないようにし、きちんと歯みがきと仕上げみがきをする習慣をつけてあげましょう。

通いたくなる環境づくり

お子さんにとって楽しい歯科医院であるために、当院では以下の取り組みを行っています。

ご褒美のおもちゃ
診療前のアニメDVD

頑張ったお子さんにはご褒美のおもちゃ(消しゴム)をプレゼント。楽しい思い出が、歯科医院に対するハードルを下げてくれます。

診療前のアニメDVD

診療前にはユニットの備え付けモニターにてアニメDVDを流しています。アニメDVDを見て、お子さんの緊張をほぐします。