ノーベルガイドとはImplant

ノーベルガイドとは

「ノーベルガイド」は、インプラント治療時のシミュレーションを行ない安全で精度の高い治療を行うための補助器具(ガイドシステム)です。CTスキャンで撮影した口腔内を3D画像化し、技工所で製作します。インプラント埋入の場所や角度を記録したノーベルガイドを使用することで、正確にインプラントを装着することが可能。そのため、切開箇所を最小限に抑えることができるので、手術後の治りが早く身体への負担を軽減することができます。

ノーベルガイドのメリット

  • 切開箇所を最小限に抑えた、安全で正確なインプラント治療ができる。
  • 治療時間を短縮することができ、術後その日のうちに物が噛める。
  • 治療後の痛みや腫れ、出血が少ないので患部の治りが早い。
  • 正確にインプラントを埋入することができるので、安定した噛み合わせが手に入る。

治療の流れ

1

口腔内のCTスキャン撮影

1.口腔内のCTスキャン撮影

1.口腔内のCTスキャン撮影

まず、通常のインプラント治療と同様、治療計画を行った後、「ラジオグラフィックガイド」を作製します。ラジオグラフィックガイドとは、最終的な歯の位置・形態を適切に表示したプラスチック製のマウスピースのことをいいます。このグラフィックガイドを口に入れて、撮影CTスキャンを使用し口腔内を撮影します。

2

3D画像作成

2. 3D画像作成

2. 3D画像作成

CTスキャンによるデータを基に、インプラントの埋入場所やシミュレーションをつくります。

3

サージカルガイドの製作

3.サージカルガイドの製作

3.サージカルガイドの製作

コンピューターから製作したシミュレーションから、治療に使用するノーベルガイドをつくります。

4

ノーベルガイドを使用したインプラント治療

4.ノーベルガイドを使用したインプラント治療

4.ノーベルガイドを使用したインプラント治療

ノーベルガイドを使用して、インプラントを埋入します。切開部分などを最小限に抑えた治療ができるので、治療時間の短縮や出血が少ないので身体への負担も軽減できます。
また、より安心・安全・正確にインプラントを埋入するために、「サージカルガイドシステム」を使用します。インプラントを埋入する穴を開けドリルを使用する際に、ドリルの着地点や角度がブレることなく、正確になるよう、ドリルを固定するためのマウスピースのことをいいます。このサージカルガイドシステムを使用することで、安全なインプラント治療を行うことができます。

5

上部構造の装着

5.上部構造の装着

ノーベルガイトを使用することで、上部構造(上顎部分)の治療でも正確にインプラントを埋入することができます。

ノーベルガイトを使用するにあたって

ノーベルガイトを使用するにあたって

当院では、ノーベルガイトを使用した治療はもちろん、一般的なインプラント治療にも対応しています。患者様のご要望やご希望に最適なインプラント治療をご案内しておりますので、不明な点はお気軽にお問い合わせください。また、ノーベルガイドを使用した治療は、保険診療範囲外での治療になりますので、治療費なども合わせてお気軽にご相談ください。

歯を失ってもあきらめないでImplant

歯を失ってもあきらめないで

歯を失ったときの治療としては入れ歯治療がありましたが、最近ではインプラント治療を選ばれる方も増えてきました。
インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分のあごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで歯の機能を取り戻す治療。生体親和性の高いチタンがしっかりとあごの骨に結合するため、自然な咬み心地がよみがえるうえに、セラミック製の人工歯を用いるため見た目もとても美しいという特徴があります。

そのほかの治療との比較

インプラント

歯を失ってもあきらめないで

メリット

  • 天然歯のような咬み心地や見た目がよみがえる
  • 周りの健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が伝わり、あごの骨がやせにくい
  • お手入れ次第で長期使用が可能

デメリット

  • 自費診療となり、費用が高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身疾患などによっては適用できない
入れ歯

入れ歯

メリット

  • 保険が適用できるものもあり、費用が抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 取り外しが可能で、お手入れしやすい

デメリット

  • 見た目に目立つことがある
  • 硬いものが咬みにくい・ずれたり、もたついたりすることがある
  • 発音に支障を来すことがある
ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • バネがないので入れ歯よりも見た目が自然
  • 入れ歯よりも違和感が少ない
  • 治療期間が短い

デメリット

  • 支えにする健康な歯を削る必要がある
  • お手入れがしにくく、支えとなる歯がむし歯になりやすい
  • 支えとなる歯の寿命が短くなる傾向にある

特殊なインプラント治療

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の骨量が足りない場合に行う治療。上顎にある空洞(上顎洞)の下の骨から人工の骨補てん剤を注入し、上顎洞底を専用の器具を使って押し上げ、骨の厚みを確保します。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

ソケットリフトと同じく、上顎の骨量が足りない場合に行う治療。上顎洞の横の歯ぐきをめくって上顎洞を露出させ、人工の骨補てん剤を入れて骨の厚みを確保します。

GBR

GBR

GBR

GBR

骨が不足している部分の骨の再生を促す治療。再生させたい部分に人工の膜を入れてスペースを確保し、骨補てん剤や自家骨を詰めることで再生を促します。

オーバーデンチャー
オーバーデンチャー

総入れ歯を、数本のインプラントによって固定させる治療。入れ歯のずれやもたつきを解消します。

インプラントQ&A

インプラント治療は、誰でも受けられますか?

インプラント治療は、歯を複数本失っている場合も可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患をお持ちの方、またあごの骨の量が極端に少ない方などは、治療ができないケースもあります。

治療期間はどのくらいかかりますか?

通常のインプラント治療であれば、3~6ヶ月の期間がかかります。

治療は痛いですか?

手術は麻酔を施したうえで行いますので、痛みはありません。
歯の欠損状態を細かく見て、シミュレーションをしてから手術に挑むため、心配がありません。

インプラントはどれくらいもちますか?

インプラントは、きちんとメインテナンスができていれば、長期間にわたっての使用が可能です。ただし、メインテナンスを怠ると、「インプラント周囲炎」というインプラントの歯周病にかかり、抜け落ちてしまうこともあります。しっかりメインテナンスを受けて、インプラントを守りましょう。

当院ではカウンセリングを重視しており、お口のなかのデータと患者さんのご要望をふまえた治療計画をご提案しています。まずは一度、お気軽にご相談ください。